ベンガルの基本知識

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ベンガルは、豹・オセロット・マージ・白豹などのエキゾチックなジャングルの猫に見えるように交配されたアメリカ発祥の猫種です。
ベンガル猫は、アジアのヒョウ猫の交配種からアメリカの猫と交配して、選択的に繁殖することによって開発されました。
ベンガルネコという名前は、アジアのヒョウネコの分類学的名称に由来しています。彼らの特徴は、大きな斑点、ロゼット、尖った頭。または明るい白い腹部、そしてヒョウ猫を連想させる野性的で筋肉質な体型をしています。

多くのベンガルネコは明るいオレンジから茶色ですが、白い雪を連想させるような「スノーベンガル」も存在して、お金持ちに人気があります。スノーベンガルよりも更に銀色になって黒の模様がはっきりした「シルバーベンガル」も近年登録されました。

ベンガルネコの入手方法

国内ではベンガル専門のブリーダーから譲り受ける他に、ペットショップで買ったり、一般の人が交配されたものの赤ちゃんを譲ってもらったりします。いずれの場合も必ずワクチン処置を行い、病気対策を行います。

ベンガルネコのワクチン接種と料金

ワクチン接種は動物病院で行い、種類も様々で3・4・5・7種の混合ワクチンがあります。
3種で十分という動物病院の先生も居ますが、できれば5種か7種の混合ワクチン接種すると良いです。

ベンガルネコのワクチン接種の料金は約4千円〜8千円程度です。動物病院によっても異なります。
万一のことを考えると、ワクチン接種してから5〜6時間ほどは動物病院に預かっていてもらうと安心です。
もしもワクチン接種して急変した場合や悪化した場合もすぐに処置してもらえます。
逆に接種してすぐに連れて帰ると、何か合った時にすぐに処置できません。もともとワクチンは無毒化か弱毒カ化した抗原ですので、感染することは極稀ですが、時間があれば数時間預けておくことに越したことはありません。

ベンガルの体重

運動量も多く、食事量もあるベンガルは体重が重い部類に入ります。
オス猫の平均体重は4.5~6.8キロ、メス猫の平均体重は3.6~5.4キロです。
3キロを越すと片手で持ち上げるのは難しいほどになり、胴体も長く伸びをすると60センチを有に越します。ベンガルの基本知識

Share.

About Author

      しんぐる

Leave A Reply